まずはこれだけ!カンタン下処理『アジのワタ取り』

魚はエラと内臓から痛み始めるため、丸魚を買ったらすぐに取っておきましょう。
これだけで魚の日持ちがずいぶん違います。

ここでは焼魚用に、頭を残したままの下処理方法を解説していきます。
今回はアジを使っていますが、基本的には他の魚も同じ要領で下処理が可能です。

<アジのワタ取り方法>
1. 包丁を寝かせて尾の付け根にあて、ゼイゴを削ぎ落とす。
2. エラ蓋から指を入れ、左右のエラをつまんで引き抜く。
3. 魚の頭を右に向け、お腹に切り込みを入れて内臓をかき出す。
4. 流水でよく洗って水気を拭き取り、全体に塩をふる。

※塩焼きにする場合にはヒレや尻尾が焦げないように化粧塩をするか、アルミホイルで巻く。
※すぐに食べない場合は、塩をふって20分ほど置き、出てきた水分を拭き取ってラップなどで密閉し、冷蔵庫へ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。