カレイのカンタン下処理方法

カレイやヒラメは「さばくのが難しそう…」と自分でさばくのを諦めてしまいがちですが、実は複雑な下ろし方は必要ありません。
内臓を取ったら後はぶつ切りでOK!

下処理さえできてしまえば、煮付けや唐揚げ、ムニエルなど、お好みの調理法でお召し上がりください。

<カレイの下処理>
1. 包丁の刃を立て、カレイの尾から頭に向かってしごく。表裏ともに丁寧にウロコを落とし、流水で洗ってぬめりを落とす。キッチンペーパーで水気を拭き取る。
2. 腹を上にしてまな板に置き、胸ビレの下辺りに包丁を入れて頭を落とす。
  
※卵を切ってしまわないように、包丁を入れるのは背骨が切れる程度までにしておき、残りの部分は手で引くときれいに卵を残すことができます。
3. 切り口を水で洗い、血合いを落とす。
4. カレイの身を大きさに応じて2〜3等分に卵ごとぶつ切りにする。
5. ぶつ切りにした身を鍋に並べ、煮付ける。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。