一番気軽な下ろし方。イワシの手開き

お刺身はもちろん、蒲焼やフライ、生姜煮や梅煮、ソテー、香草焼き、トマト煮など、あらゆる調理方法で美味しく食べられるお魚、イワシ。
とても身が柔らかいため、手で簡単に下ろすことができます。

今回は、難しいことは一切なし!一番気軽な手開きをマスターしましょう。

<イワシの手開き>
1. イワシの頭を落とす。肛門のあたりまで腹先を切り落とし、ワタを取り除く。流水で洗ってキッチンペーパーで水気をふきとる。
2. 腹から親指を入れ、尾から頭の方にかけて上身と中骨をはがしていく。
  ※親指を斜めに立てて指先でしごくようにすると綺麗にはがれます。
3. 尾の方から中骨をつまみ、小骨ごと優しくはがしていく。
  ※この時も親指の先を立て、下身と骨の間に差し込むようにしていくと綺麗にはがれます。
4. 両端の腹骨を切り落として完成。